金運財布 購入時期

今日かも!?金運財布の購入時期カレンダー

金運財布の購入時期カレンダー

このエントリーをはてなブックマークに追加  

こちらは、金運財布の購入時期が分かる金運カレンダーです。

 

大安、一粒万倍日、寅の日、巳の日、己巳の日、天赦日、新月、満月と、財布を買うのに良い日がありますが、この購入時期の中で財布を買う日を決める上で、もう一つ参考にして頂きたい日があります。それは、

 

8のつく日です。

 

 

8のつく日は末広がりの日として大変縁起の良い日です。是非、金運カレンダーを見て金運財布の購入時期の一つとして参考にしてみてください。

 



 

 

金運カレンダーの開運日の意味

 

大安

大安吉日として、大変縁起の良い吉日。結婚式、車の納車など、最も広く認識されている吉日の日。

一粒万倍日

一粒の籾(もみ)が万倍もの稲穂になることから、1円のお金が何倍にも増えると言われる富の象徴とも言うべき日。

寅の日

黄色のシマ模様の寅は金運の象徴。一瞬で千里の道を駆け、又一瞬で戻ってこれることからこの日に財布を買うとお金が出ていっても必ず戻ると言われる。

巳の日

財運の神様である弁財天様の遣いの白蛇(巳)に願い事をすれば必ず弁天様に届けられると言われる日。古来より蛇は穀物(財産)を害獣から守ってくれるとして金運の守り神とされている。

己巳の日

巳の日の中でも60日に1度の間隔で到来する特に弁財天様と結びつきの強い日。

天赦日

万物万事に渡って最上の大吉日。年に5回または6日程しかない貴重な大吉日。

新月

新月は始まりの運気を持つ特別な日。風水では新月の日に新しい事を始めたり、新しいものを使い始めるのが最適とされている。金運祈願にも適した日。

満月

満月は月のパワーが満ち足りている日。風水では満月の月光に財布を月光浴させることで金運が上がると言われる。

8のつく日

八という漢字は末広がりなため、お金が末広がりで増え続けるとして大変縁起の良い数字。また、8は横にすると∞(無限大)のマークであるため、お金が無限大に入ってくるとして財布を買うのに非常に適した日。

 



 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ